03-5656-3403 sale@telcase.com telcase 新規登録 ログイン
STOPCASE
0

X

カテゴリー

ブランド

> 店長日記

各素材のスマホケースの放熱性能の比較:どの素材が一番優れているか?

発表日:2023-04-13 17:12:31 閲覧回数:294

携帯電話の重要なアクセサリーである携帯電話ケースは、美観と実用性の両方が求められますが、その美観ばかりが注目され、実用性がおろそかになることが多いのではないでしょうか。 特に暑い季節は、ケースの放熱性が悪いと、熱暴走などのトラブルにつながることもあり、放熱性は実用上非常に重要なファクターです。 では、携帯電話ケースの各種素材の性能はどうなっているのでしょうか。

携帯電話の重要なアクセサリーである携帯電話ケースは、美観と実用性の両方が求められますが、その美観ばかりが注目され、実用性がおろそかになることが多いのではないでしょうか。 特に暑い季節は、ケースの放熱性が悪いと、熱暴走などのトラブルにつながることもあり、放熱性は実用上非常に重要なファクターです。 では、携帯電話ケースの各種素材の性能はどうなっているのでしょうか。


1.金属


金属は熱伝導率が良いので、放熱の面では金属ケースの性能は非常に優れています。 しかし、金属自体が重いため、長時間使用しているとスマホに一定の圧力がかかり、スマホの表面に傷がつきやすいという欠点もあります。

スマホケース

2.プラスチック


プラスチックケースは比較的軽くて使いやすいのですが、熱性能はあまりよくありません。 プラスチック自体の熱伝導率は強くなく、プラスチックケースの表面も比較的平滑であるため、放熱性が悪いのです。

放熱性能

3.シリコーン


シリコーンケースは、比較的柔らかく、使い心地が良く、一定のクッション効果もあります。 しかし、シリコンの熱伝導率は比較的低いため、シリコンの放熱効果はあまり高くはありません。

比較

4.カーボンファイバー


カーボンファイバーケースは、薄く、軽く、丈夫で、放熱の面でも優れた性能を発揮します。 カーボンファイバーは熱伝導率が良く、素早く熱を逃がすことができるので、携帯電話を適切に使用することができます。

素材

5.TPU素材


TPUケースは比較的柔らかく、クッション効果も高く、スマホの表面に傷がつきにくいです。 しかし、TPUの熱伝導率もあまり良くなく、放熱効果も平均的です。

スマホケース

総合的に見ると、金属と炭素繊維は放熱性能の点で最も優れたケース素材であり、プラスチックとシリコンは比較的効果が劣ります。 ただし、ケースを選ぶ際には、ご自身の好みやスマホの機種などを考慮することが大切です。


以上の紹介を参考に、夏の暑さでスマホが熱くならないように、適切なケースを選んでいただければと思います!


前へ:iPhoneの本革ケースを美しく保つための究極のガイド

次へ:ケブラーケースの製造工程と価値に迫る

配送方法

国際小包 (送料無料)
出荷からお届けまで7~10営業日

支払方法

銀行振込/PAYPAL/クレジットカード
支払い方法は銀行振込がお勧めです

返金

商品到着後3日以内にお問い合わせください
返金のみ承っております

返品/交換

返品の送料は顧客負担となります
交換の際は送料1,500円が必要です

sale@telcase.com 03-5656-3403